志摩市:賢島大橋より

外壁塗装・塗替え

外壁には様々な種類があります。
コンクリート モルタル ALC タイル サイディング トタン 木板 ・・・・・
外壁の種類に応じた下地処理および最適な塗装仕様を選択し、施工します。

また、塗装する時に外壁そのものが劣化した状態のまま表面だけを塗装してしまうと、
塗りたてはキレイですがしばらくすると悪いところが出てきます。
そのような失敗をしないためには、下地処理をしっかり行うことが大切です。

壁の色を変更することで外観イメージを一新したり、住んでいる人の気分をリフレッシュ
することも可能です。

コンクリート・モルタル・ALC

 
 外壁がモルタル等の場合、下地処理として
 クラック(ひび割れ)や、爆裂、浮き(下地モルタル
 が欠損したり躯体から剥離している状態)等の
 補修が重要です。
 写真はALCです。
 下の写真の赤い色は下地調査時のマーキング
 スプレーです。
       
   施工前   Uカット・シーリング充填    モルタル充填   


サイディング

  
 外壁がサイディングの場合、下地処理として
 サイディング目地やサッシ周囲のコーキングの
 処理が重要です。
 コーキングの劣化状況に応じて打ち替えか
 打ち増しかを選択します。
       
   施工前   コーキング撤去    コーキング充填   


トタン

 
 外壁がトタン等の金属の場合、錆やはがれた
 旧塗膜の除去後、下塗り(錆止め)を塗装し
 ます
       
   施工前   ケレン    錆止め   


木板

  
 外壁が木の場合、はがれた旧塗膜を除去後、
 下塗りを塗装します。
 浸透性の塗料の場合は薬品洗いや水洗いで
 汚れ、黒ずみを除去します。
 
       
   施工前   ケレン    下塗り